COP26 岸田首相 途上国の脱酸素化支援に1億ドル事業 温室効果ガス削減にさらに100億ドル支援  

© AP Photo / Eugene HoshikoПремьер-министр Японии Фумио Кисида
Премьер-министр Японии Фумио Кисида - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2021
岸田首相は英国で開催の気候変動対策の国連会議COP26の首脳会合で演説した中で、2030年度の温室効果ガスの排出量の削減目標を2013年度から46%削減した上でさらに50%に挑戦すると表明した。さらに途上国への追加支援を5年間で最大100億ドル行うと約束している。NHKが報じた。
NHKの報道によれば、岸田首相はこれまでの5年間で600億ドル規模の支援に加え、最大100億ドルの追加支援を行う用意があると表明し、アジアなどの途上国の脱炭素化の推進のために1億ドル規模の事業を展開し、発電燃料を化石燃料から再生可能エネルギーに転換する後押しをする意向を示した。
関連ニュース
グテーレス国連事務総長 2021年の異常気象で2000万人が家を失う
G20首脳 生物多様性維持と気候変動抑止のための措置強化で合意
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала