登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 患者を点滴殺害した元看護師に無期懲役

フォローする
日本の神奈川県横浜市の病院で5年前、点滴に消毒液を混入させ患者3人を殺害した罪などに問われている元看護師の裁判で、横浜地方裁判所は9日、検察側の死刑求刑に対し、無期懲役の判決を言い渡した。NHKが報じた。
元看護師の久保木愛弓被告(34)は2016年9月、勤務していた横浜市の旧「大口病院」で、点滴に消毒液を混入させ高齢の入院患者3人を殺害した罪などに問われている。
これまでの裁判で久保木被告は起訴内容を認めており、検察側は被告に責任能力が完全にあったとして死刑を求刑。一方、弁護側は、事件当時、被告は心神耗弱の状態であったとし無期懲役が相当だと主張していた。
9日の判決で横浜地裁の家令和典裁判長は、争点となっていた被告の当時の精神状態について「自閉スペクトラム症(ASD)」の特性を有し、うつ状態だったと認定したものの、「完全責任能力が認められる」と指摘。そのうえで、「看護師としての知見や立場を利用し、動機は身勝手極まりなくくむべき点は認められない。被害者は苦痛の中で命を奪われており、結果は極めて重大だ」と述べた。

一方、量刑理由については、被告が反省し罪を償いたいとしていることから「更生の可能性が認められ、死刑を選択するのは躊躇せざるをえない」とし、無期懲役を言い渡した
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала