ベラルーシ ポーランドとの国境に難民の波

ベラルーシとポーランドの国境で、EUへの入域を求める中東難民が溢れかえり、強行突破を試みるケースも出てきている。ベラルーシの各報道機関は、荷物を抱えて道路を歩く難民の映像などを伝えている。多数の難民が集まるのはベラルーシとポーランドの国境近くのベラルーシ・グロドノ州だ。
ベラルーシ国家国境委員会によると、国境には女性や子供を含む2000人以上が集結。EUへの亡命を求めており「ベラルーシのことは滞在場所として捉えていない」という。難民の国籍は主にイラク、シリア、イラン。これを背景にポーランド当局は対策準備を進めると宣言。国境付近ではポーランドの特殊部隊数千人が警備にあたっている。
移民の中にはすでに国境突破を試みる者もいる。ポーランド国防省によると、これら移民はベラルーシ特殊機関と軍隊の管理下におかれているという。強行突破を受け、ポーランド外務省のブラジェイ・ポボジ外務次官は、現在が国境警備の「危機のピーク」にあたるとしている。
ポーランドの国境管理当局は、移民管理が難しいことから、9日朝からベラルーシ国境との検問所「クズニッツァ」を閉鎖すると発表。ポーランドのマテウシ・モラヴェツキ首相は対策本部を招集し、戦闘態勢を強化。国境線にはテロ対策部隊を配備した。
© AFP 2022 / Leonid Shcheglov / BELTA

ポーランド国境を歩く難民

ポーランド国境を歩く難民 - Sputnik 日本
1/4

ポーランド国境を歩く難民

© REUTERS / Leonid Scheglov / BelTA

国境に展開するポーランド軍

国境に展開するポーランド軍 - Sputnik 日本
2/4

国境に展開するポーランド軍

© AFP 2022 / Leonid Shcheglov / BELTA

国境を越える難民

国境を越える難民 - Sputnik 日本
3/4

国境を越える難民

© Sputnik / Inna Grishuk Беженцы на белорусско-польской границе.
Беженцы на белорусско-польской границе - Sputnik 日本
4/4
ベラルーシの国境における移民問題は2021年春から続いている。当初は、1日の不法移民に流入が2020年比で数十倍に増えたリトアニアの国境で不法移民が拘留されていた。その後、ポーランドとラトビアの国境線で移民が大規模に拘留されるようになった。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала