登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ニューデリー 大気汚染から学校閉鎖とロックダウン準備

© REUTERS / Cathal McNaughtonЖенщина снимает белье во время густого тумана в Дели
Женщина снимает белье во время густого тумана в Дели - Sputnik 日本, 1920, 17.11.2021
フォローする
インドの首都では、この数週間にわたり大気の質が極度に悪化したことから、すべての初等学校が15日からリモート授業に移行した。ニュースチャンネル「France 24」が報じた。報道によれば、同市での生態学的環境に関わる緊急事態から、ロックダウンが導入される可能性があるという。
ニューデリーの大気は、世界最悪の汚染大気の1つとして数えられていると、同チャンネルは指摘する。また、この間、首都を覆っているスモッグが非常に危険であることから、当局はきびしい措置を講ずることを余儀なくされた。たとえば、大気中のほこりの量を低減させるため、4日間にわたり首都の施設ですべての作業がストップした。さらに、報道によれば、深刻な大気汚染が「視界ゼロ」を引き起こし、交通の妨げとなっている。
スモッグは、野外作業や道路交通にとって危険であるだけでなく、ニューデリーの通りで短時間過ごすだけで健康に有害となり、目の痛みや息苦しさが発生する。当局の発表によれば、近い将来に首都で状況が急変した場合、ロックダウンが導入されることになると同テレビチャンネルは報じている。
専門家によれば、インドの大気汚染による状況の悪化は、多くの場合、森林火災に関連しているという。これらは、新たな栽培場所を確保するために農民が草を燃やしたことが原因で発生したという。こうした手段は違法行為だが、しかし、農民は、ディーゼル燃料の価格があまりにも高騰しており、土地を耕作するために農業機械を使用する余裕がないため、彼らには別の選択肢がないと主張している。報道によれば、農民は、政府が彼らに補助金や機器を提供すべきであると考えてるという。
関連ニュース
地中海で石油が流出
海洋のプラスチックが新たな生態系を創出
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала