登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

石油・ガス依存は、今後も長きにわたって続く BPトップが予想

© Sputnik / Maksim Bogodvid / フォトバンクに移行Нефтяная качалка около Ямашинского сельского поселения в Республике Татарстан
Нефтяная качалка около Ямашинского сельского поселения в Республике Татарстан - Sputnik 日本, 1920, 18.11.2021
フォローする
英石油・ガス大手BPのバーナード・ルーニー最高経営責任者(CEO)は、石油とガスは今後数十年も世界のエネルギーシステムの一部であり続けるとし、イデオロギー的立場ではなく、有害物質の排出削減に向けた行動に集中し、消費者のために燃料価格の上昇を防ぐよう呼びかけた。CNBCが報じた。
ルーニー氏は、アブダビ国際石油展示会・会議(ADIPEC)の場でCNBCのインタビューに応じ「石油とガスが今後数十年にわたってエネルギーシステムに残ると述べるのは通俗的ではないかもしれないが、これが現実だ」と語った。
ルーニー氏は、国際エネルギー機関(IEA)の報告書「ネットゼロ」によると、世界の石油依存は2050年までに完全にはなくならず、石油の供給は依然として日量およそ2000万バレルになると強調した。
またルーニー氏は、再生可能エネルギーへの移行に積極的に取り組んでいるものの、今後も炭化水素は重要な役割を担うとの見方を示し、この状況では、化石燃料の採掘と処理のバランスを取り、炭素排出量を削減するのがより適切だと述べた。同氏はまた、価格の上昇を防ぎ、市民が再生可能エネルギーへの移行に反対しないようにするために、石油とガスの供給を急減させてはならないとし、エネルギー市場で代替エネルギーの供給を拡大する際には、消費者の需要と利益を考慮する必要があると指摘した。
なお、CNBCによると、BPは再生可能エネルギー分野での活動を積極的に展開しており、国際海運の2050年までの脱炭素化への行動を要請する提言「Call for Action」を呼びかけている約150社のうちの1つ。
米国金融機関「バンク・オブ・アメリカ」のアナリストは今月、世界的なエネルギー危機により、石油とガスの価格が高騰すると予想した。
関連ニュース
ブルームバーグ:米国と日本は原油価格に関するプーチン大統領の発言に警戒ガス価格上昇で
この冬 世界は深刻な危機に直面 ブルームバーグ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала