登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本政府 第1次岸田内閣の閣僚資産を公開 平均9441万円 

© AFP 2021 / Charly TriballeauЗаседание нижней палаты парламента Японии
Заседание нижней палаты парламента Японии  - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2021
フォローする
日本政府は19日、先月発足した第1次岸田内閣の閣僚資産を公開し、岸田首相と閣僚20人の計21人の平均は9441万円であることが分かった。日本の各メディアが報じた。
公開された資産には、本人だけでなくその配偶者と子どもの分も含まれる。土地と建物の評価額は固定資産税の課税標準額で、預貯金は普通預金と当座預金は含まない。
最多は野田聖子少子化担当相の2億8553万円。東京都大田区の住宅や夫の所有するハワイの住宅などを報告。夫婦で日本郵政など10銘柄計1万8843株、ゴルフ会員権を2口保有している。
岸田文雄首相は4位で2億868万円だった 。東京都渋谷区の自宅や地元広島の住宅などの不動産が1億7595万円に上った。株式やゴルフ会員権は保有していない。
一方、牧島かれんデジタル相は公開された資産はなかった。
1億円を超えているのは21人中7人で、うち4人(上記2人と斉藤鉄夫国土交通相、岸信夫防衛相)は2億円を超える。本人の資産に限ると平均は6417万円
関連記事
拉致問題 岸田首相「私の手で必ず解決」
第2次岸田内閣発足、首相記者会見「困窮学生にも10万円支給」「コロナ飲み薬と3回目ワクチン」
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала