登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

痩身に一番大事なファクターとは 食事法は問題にならない

CC0 / / ダイエット
ダイエット - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2021
フォローする
科学者の国際チームが、2型糖尿病の痩身、減量のための食事療法には、低カロリーの食物摂取が最も効果が高いという研究結果を発表した。この場合、食事療法の種類は重要ではなく、摂取カロリーを減らすことがより大事であることがわかった。研究論文は、欧州糖尿病学会誌「Diabetologia」に掲載されている。
研究者らは、MEDLINE(Ovid)、パブメド、ウエブ・オブ。サイエンス、コクランライブラリーといった生命科学のオンラインデータベースから2021年5月までに収集されたたデータをもとに、2型糖尿病患者の減量と寛解のための食事療法の効果に焦点を当て、過去に行われた19件のシステマティックレビューの分析を行った
分析の結果、最大の減量効果が得られる食事法は、高カロリーの自然食品を摂取する代わりに、代用品を使った超低カロリーダイエットであることがわかった。例えば、1日830キロのカロリー制限を12週間続けた後、比較的低脂肪、高炭水化物の食事をした場合、1年後の寛解率は46~61%になったのに対して、単純な低炭水化物ダイエットでは、寛解率は4〜19%と極めて低かった。通常の食品をすべて低カロリー食品に置き換えると、その割合はさらに高くなった。
研究者らは、持続的に体重を減らすにはカロリー消費量が摂取カロリー量を常に上回っていなければならず、脂肪と炭水化物の比率に関係なく、低カロリー食が最も適しているとしている。
関連ニュース
減量に関する最も有名な神話の1つを研究者が否定
寿命を縮める食品が明らかに
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала