登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ノーベル賞受賞者が「嘘のウイルス」を拡散したとしてSNSを非難

© REUTERS / Gonzalo Fuentesフィリピン系ジャーナリストで平和賞受賞者のマリア・レッサ氏
フィリピン系ジャーナリストで平和賞受賞者のマリア・レッサ氏 - Sputnik 日本, 1920, 20.11.2021
フォローする
フィリピン系ジャーナリストで平和賞受賞者のマリア・レッサ氏は、SNSは真実に対し偏りがあり、「嘘のウイルス」のディストリビューターとなっていると主張する。ガーディアン紙が報じた。
彼女によれば、プラットフォームのこうした施策は、人間の意識を操り、人々が起こっている事態について思考するのを妨げることから、全世界の民主主義の脅威となっているという。
また、レッサ氏は、自身の利益のために言論の自由を利用するSNSサービスを非難。また、同氏は、SNSの仕組みを抜本的に見直す必要があると考えている。
Facebook - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2021
ドイツ司法相、フェイスブックの活動に関する規制強化を支持
10月8日、 2021年のノーベル平和賞が、フィリピン系米国人ジャーナリストのマリア・レッサ氏に授与された。ノーベル委員会は、受賞者の「民主主義とゆるぎない平和の前提である意見表明の自由を守るための努力」を強調した。
関連ニュース
SNS依存症からネットいじめに陥る傾向 学説
Facebookの盗用コンテンツ拡大への対応の遅さを元社員が非難
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала