登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

東京電力、処理水放出に向け海洋調査に着手

© AFP 2021 / Philip Fong福島第1原発
福島第1原発 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2021
フォローする
日本の東京電力は27日、福島第1原発で増え続ける処理水の海洋放出に向け、海底トンネルを建設するために海底の状況などを把握する調査に着手した。NHKが報じた。
NHKによると、東京電力は、福島第一原発から1キロほどの沖合の海底トンネル建設に向けたボーリング調査の予定エリアに作業船2隻を出し、磁気探査などを行って、海底に障害物がないかなどを確認した。磁気探査は28日まで行われ、ボーリング調査は12月1日にも着手する予定だという。
東京電力は、2023年春ごろに処理水を海洋放出する方針。
関連ニュース
東京電力が福島第一原発1号機の格納容器内部の調査を来年1月に開始
福島第一原発 東京電力社員が内部被ばくの可能性
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала