登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日米合同防災訓練 原子力空母から放射性物質が漏れた事故を想定

© REUTERS / Toru HanaiАмериканский авианосец "Рональд Рейган"
Американский авианосец Рональд Рейган - Sputnik 日本, 1920, 15.12.2021
フォローする
日本の神奈川県横須賀市で15日、在日米海軍横須賀基地に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンから放射性物質が漏れた事故を想定した日米合同防災訓練が行われた。共同通信が報じた。
共同通信によると、訓練は、横須賀基地に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンから微量の放射性物質を含む冷却水が海中に漏れた事故を想定している。横須賀市や米海軍が中心となり、日本の海上自衛隊や原子力規制庁、在日米大使館など計11機関からおよそ140人が参加した。
訓練では、日米間の連絡手段などが確認されたり、海水や海底の汚染状況が調査されたという。
関連ニュース
UAEが米F35の購入に関する交渉を停止、中国への配慮か
オーストラリアが韓国と7億1700万ドルの軍事契約を締結
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала