新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

予想外の発見:火星探査機パーサヴィアランスが移動する岩石は火山性溶岩

© Screenshot: NASA火星探査機パーサヴィアランス
火星探査機パーサヴィアランス - Sputnik 日本, 1920, 16.12.2021
火星探査機「パーサヴィアランス」の作業者は、同探査機が移動する岩石はマグマの塊、つまり火山性溶岩の流出がもとになっていることがわかった。その他、火星で発見された岩石は複数の地質学時代にわたり水と何度も相互作用しており、その一部は有機分子を含んでいることも明らかになった。これら資料は米ニューオリンズで行われた12月のアメリカ地球物理学会議で発表された。NASA(米航空宇宙局)ウェブサイトにもプレスリリースが公開されている。
この新発見は、火星表面の物質の元素組成を正確に判定するための蛍光X線分光光度計PIXL(X線岩石化学用惑星計器)の使用により可能となった。PIXLのデータから、Bracと呼ばれる岩石が輝石粒子に埋め込まれた異常に多数の大粒の橄欖(かんらん)石結晶で構成されていることがわかった。
火星 - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2021
火星に大洪水の痕跡 米国人研究者が明らかに
研究者らは、この新発見がミッション全体のマイルストーンとなると考えている。これら岩石のサンプルが今後10年以内に地球に運ばれれば、より確実な方法で時期を特定できるからだ。これによりパーサヴィアランスの着陸地点の地質学的歴史だけではなく、火星および太陽系全体についてより理解することが可能となる。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала