Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

カナダの裁判所 ワクチン未接種の父親に12歳の息子との面会を一時的に禁止

裁判 - Sputnik 日本, 1920, 16.01.2022
カナダ東部ケベック州の最高裁判所は、新型コロナウイルスワクチンを接種していない父親について、12歳の息子に会うことを一時的に禁止した。このような判断が下されたのは初めて。Le Devoir紙が報じた。
12歳の息子は母親と一緒に暮らしており、父親は2週間に1回(週末)、休暇中はさらに1週間、息子と面会することができる。父親は息子との面会の回数を増やすことを望み、その旨を申請した。審査で父親は、新型コロナウイルスワクチンは接種していないが、コロナ対策は守っており、ほとんど外出していないと述べた。
母親は父親の面会数増加の申請に反対し、さらに父親がワクチン未接種であることを知り、息子との面会権を一時停止するよう求めた。母親は、父親はワクチン反対派で「陰謀の参加者」だとし、それを示す父親のフェイスブックの投稿を裁判所に提出した。裁判官はそれらを調査し、父親が衛生対策を遵守していることに疑いを抱いた。
裁判所は、12歳の息子は新型コロナワクチンの接種を完了しているが、変異株「オミクロン株」の感染が拡大している状況においてこれでは不十分だとし、2月まで父親が息子と面会することを禁止した。
関連ニュース
カナダ、ケベック州がワクチン拒否者に特別課税を導入へ
シンガポール ワクチン未接種の従業員に対し無給休暇あるいは解雇も可能
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала