登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

オランダ国王、「黄金の馬車」の使用停止 人種差別的な絵

黄金の馬車 - Sputnik 日本, 1920, 16.01.2022
フォローする
オランダのウィレム・アレクサンダー国王は、19世紀につくられた「黄金の馬車」と呼ばれる王室の伝統的な馬車について、人種差別的な絵が描かれていることから、使用を停止すると発表した。BBCが報じた。
馬車の扉には「植民地からの貢ぎ物」と呼ばれる絵が描かれている。黒人やアジア人が、オランダを象徴する白人女性に、カカオやサトウキビなどの贈り物を差し出している。また女性の隣には男性が座っており、男性は人々に本を差し出している。作者の画家ニコラス・ファン・デル・ウェイによると、本はオランダが植民地に与えた「文明の贈り物」を表現しているという。
ウィレム・アレクサンダー国王は、「植民地からの貢ぎ物」は大多数の人の感情を傷つけていると発表した。また国王は、国の過去の歴史を否定することは無意味であり、歴史的オブジェクトやシンボルの禁止は問題解決にはならないことを認めた。
オランダ王室は、国会開会式などの行事の際に国王を乗せるために「黄金の馬車」を使用していた。
関連ニュース
スペイン首相 国王の免責廃止を支持
タイの裁判所 国王を侮辱した女性に43年半の懲役刑
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала