電力需要ブームで地球の環境汚染はカタストロフィー

© Sputnik / Stringer電力需要ブームで地球の環境汚染はカタストロフィー
電力需要ブームで地球の環境汚染はカタストロフィー - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
国際エネルギー機関(IEA)のアナリストらは、全世界で起こった電気エネルギー需要のブームで電力料金は高騰し、温室効果ガスの放出で地球の大気汚染は最高値に達したと発表した。ガーディアン紙が報じた。
IEAの調査で、コロナウイルスの感染拡大後に始まった経済復興で2021年は世界の電気需要は6%も伸びた。この伸び幅は世界が金融危機にあえいでいた2010年来の記録的な数値。地球上の電気消費量も昨年1年で観測史上最高の1500テラワット時に達した。
電力需要の拡大で2021年は石炭火力による発電は9%、原発、ガスによる発電はそれぞれ3.5%、2%伸びている。
予測では、世界がカーボンニュートラルな発電方法への転換に邁進しなかった場合、これからの3年は状況は変化しない。
関連ニュース
歩道タイルが太陽光発電 スペインがカーボンニュートラルに向けた実験開始
環境目的の終焉? 中国が大規模な停電で自然に有害な枯渇燃料を増産
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала