Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

オーストラリア スプートニクVを接種した外国人の入国を認める

© AFP 2022 / Alexander Nemenov ロシア製ワクチン
ロシア製ワクチン - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2022
オーストラリア医療品庁(TGA)は、ロシア製の新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の2回接種を済ませた場合は、接種証明の根拠となり得ると認めた。豪当局は、この決定に基づき同ワクチンを接種した外国人の入国を許可した。
当局は、「TGAは本日、ガマレヤ研究所が開発したワクチン(ロシア製のスプートニクV。2回接種が前提とされているワクチン)を、入国者のワクチン接種資格として『認める』と決定した」とサイト上で声明を発表した。
TGAは先週、スプートニクVの有効性が確認された研究データを受理している。

「スプートニクV」

ロシアは2020年8月11日、世界で初めて新型コロナウイルスのワクチンを承認した。ワクチンは「スプートニクV」と名付けられた。臨床試験はロシア保健省から許可を得たガマレヤ国立疫学・微生物学研究センターによって6月から7月に実施された。「スプートニクV」は、これまでに多くのワクチンが生産されたすでに知られているプラットフォームを基盤につくられた。ロシア保健省によると、これまでに実施された「スプートニクV」の接種は、最大2年間の長期的な免疫を与えることを示している。11月11日、ロシア開発のスプートニクⅤワクチンは治験第3フェーズにおいて92%の有効性を発揮した。
関連ニュース
和歌山 スポーツ大会でクラスター発生 岩出市の全小学校休校
ギリシャ 16日からコロナワクチン未接種の60歳以上に罰金
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала