新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

長期の宇宙滞在の危険性が解明

カナダのオタワ大学は宇宙に滞在した飛行士に麻痺を起こすメカニズムを解明した。その研究結果は雑誌「ネイチャー・メディシン」に掲載されている。
オタワ大学が国際宇宙ステーションに6カ月滞在した14人のクルーの健康データを分析した結果、宇宙空間に長期間滞在した人には赤血球を破壊する溶血のレベルが上昇し、赤血球のヘモグロビンが血漿に放出されていることがわかった。
太陽 - Sputnik 日本, 1920, 07.01.2022
IT・科学
ロシアの科学者 宇宙から地球に電力を供給する方法を研究
クルーの体内では宇宙ミッション終了から1年が経過した時点でも、溶血、網赤血球(できたばかりの若い赤血球)のレベルの上昇、血漿中のヘモグロビンのレベルの上昇など、無重力空間が赤血球に及ぼす影響が続いていた。このことから、宇宙飛行士にみられ、主に無重力を起因とする麻痺は溶血に関係があることがわかる。
関連ニュース
一度に10人の宇宙飛行士が宇宙で新年を迎える 史上初
中国、最大150トンの打ち上げ能力を持つ運搬ロケットを開発中
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала