インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが誕生

赤ちゃん - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2022
インド東部のサダル病院で手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれた。デイリー・スター紙が報じた。
珍しい赤ちゃんの誕生は地元の住民らの間ですぐに話題となった。17日には住民らが病院に押し寄せ、女性が普通ではない赤ちゃんを産んだという情報が飛び交った。
こうした身体的異常の特徴に関しては意見がさまざまある。地元住民らは、先天的異常を神の啓示であると考え、医師らは赤ちゃんの異常は妊娠時の合併症によるものと予想している。
通信社「スプートニク」は以前、世界一の早産で生き残った米国の赤ちゃんについて報じている。
関連ニュース
新生児が新型コロナ合併症で死亡 カタール
スマホ夢中の母 こどもへの注意は4分の1 調査結果
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала