トンガの火山噴火の規模は広島型原爆600発分-NASA

© REUTERS / CIRA/NOAAИзвержение подводного вулкана Hunga Ha'apai в королевстве Тонга
Извержение подводного вулкана Hunga Ha'apai  в королевстве Тонга   - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2022
米航空宇宙局(NASA)の研究者によれば、トンガのフンガ・トンガ海底火山の噴火は、広島に投下された原爆の500倍超の威力をもち、およそTNT火薬10メガトンに相当する。ニューヨーク・ポスト紙が報じた。
NASAの研究者らは、噴火の威力を測定するため、核兵器の爆発威力を分析するスケールを利用した。
火山噴火は、1945年8月に米爆撃機によって広島に投下された原爆「リトルボーイ」のおよそ667発分の威力に相当する。
研究者らは、噴火の原因は、カルデラに液状のマグマが流れ込み、そこで海水と混ざったことにあると予想している。強力な噴火は1時間におよび発生し、爆発音が数千キロの範囲で確認された。
Велосипедист с покрытыми нефтью руками на пляже в Вентанилья, Перу - Sputnik 日本, 1920, 19.01.2022
トンガの火山噴火 犬を助けようとした英国人女性が死亡
15日、トンガ沖のフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山が噴火し、それに伴う津波が発生した。日本では、津波が発生する恐れがあるとして少なくとも23万人が避難し、到達した津波により漁船など10隻が転覆・沈没した。南太平洋の米領サモアでも津波が観測され、サバイイ島の村では100世帯超が避難した。
関連ニュース
火山灰が地球を覆う ―トンガ沖の火山噴火にはどのような危険があるのか?
トンガの火山噴火 過去30年で世界最大規模
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала