日露関係が「良い」と考える日本人はわずか1.5%-世論調査

© Sputnik / Ramil Sitdikov / フォトバンクに移行日本の旗とロシアの旗
日本の旗とロシアの旗 - Sputnik 日本, 1920, 22.01.2022
日本政府が実施した世論調査によると、日露関係を肯定的に評価しているのは日本人の20.6%に過ぎない。
回答者のわずか1.5%が現在の日露関係を「良い」と考え、19.1%は「比較的良い」と見ている。
また、ロシアとの二国間関係を否定的に評価する日本人の数は、2021年には前年の数値から5.1ポイント増加して79%となった。「現在のロシアと日本の関係は概ね良好だと思いますか?」という質問に対して。 回答者の56.1%が「あまり良くないと思う」と答え、さらに22.9%が「良くないと思う」と答えた。
ウループ島の湾 - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2022
南クリル 「北方四島は我が国が主権を有する島々」=林外相
日露関係が良好でないと考える回答者がもっとも多かったのは、60歳から69歳、70歳以上の層だった。
日本の外交政策に関する政府調査は、2021年9月30日から11月7日にかけて、3000人を対象に行われた。
関連ニュース
「世界最強のパスポート」は日本とシンガポール、ビザなしで渡航できる国の数が最大
意外にも共通点が多いロシアと日本の高齢者問題
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала