マレーシア大洪水 約14億5000万ドルの損害 2021年後半から2022年初頭

© AFP 2022 / Strマレーシア大洪水 約14億5000万ドルの損害 2021年後半から2022年初頭
マレーシア大洪水 約14億5000万ドルの損害 2021年後半から2022年初頭 - Sputnik 日本, 1920, 29.01.2022
2021年後半から2022年初頭にマレーシアで発生したモンスーンの季節の壊滅的な洪水は、61億リンギット(約14億5000万ドル)超の損害をもたらした。これはマレーシアの国内総生産(GDP)の0.4%に相当する。
マレーシア統計局のモハマド・ウジル・マヒディン局長によると、洪水により公共資産とインフラ施設が最も大きな被害を受けた。
報告書によると、製造業の損害額は9億リンギット(約2億1480万ドル)、事業所やオフィスビルは5億リンギット(約1億1930万ドル)、農業は9060万リンギット(約2160万ドル)と推定されている。
東南アジアでは毎年モンスーンの季節に洪水が発生しているが、2021年後半にマレーシアとタイ南部で同時に発生した洪水は、壊滅的なものとなった
関連ニュース
2021年の自然災害による米国の経済損失が世界最大に
竜巻被害のケンタッキー州 64人が死亡、行方不明は100人超 知事
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала