衆院選制度見直し要請へ、自民 有志議員、「10増10減」受け

© Sputnik / Natalya Seliverstova国会
国会 - Sputnik 日本, 1920, 04.02.2022
自民党の有志議員が、衆院選挙制度の抜本的な見直しを求める活動を始めることが3日、分かった。趣意書では、小選挙区定数の「10増10減」について「地方の議員数減少による地方軽視との批判がある」と指摘。党内議論を幹部に要請する考えだ。ただ、党内には「10増10減を免れるための党利党略と有権者に映りかねない」との声もある。
関係者によると、石田真敏元総務相や加藤勝信前官房長官ら衆院議員36人が呼び掛け人となり、賛同者を募っている。
趣意書では10増10減に関し、地方軽視との批判に加え「東日本大震災の被災地への配慮を求める声が根強くある」と強調した。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала