地球にとって最も安全な暗号資産

Биткоины - Sputnik 日本, 1920, 05.02.2022
地球にとって最も安全な暗号資産(仮想通貨)について報じられた。Crypto Carbon Ratings Institute(CCRI)によると、地球にとって最も安全な暗号資産はポルカドット(polkadot)。ポルカドットのブロックチェーンプロトコルは、カーボンフットプリント(大気中に排出した温室効果ガスの量)が最も少ないという。ブルームバーグが報じた。
CCRIによると、ブロックチェーンプロトコルとはデータ転送に関する一連のルールとアクションで、エネルギー消費量やカーボンフットプリントの値はその特性に左右される。
CCRIはレポートの中で、アルゴリズム「プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake)」に基づいて機能する6つのブロックチェーンプロトコルを比較した。いずれかの暗号資産のブロックチェーンでは、「プルーフ・オブ・ステーク」を使用してトランザクションを確認するプロセスが行われる。
ブルームバーグによると、CCRIは6つのブロックチェーンプロトコルのうち、1年間の電力消費量と二酸化炭素(CO2)排出量が最も少ないのは、ポルカドットのブロックチェーンプロトコルであることを明かにした。
また、プラットフォーム「ソラナ(Solana)」は、トランザクションを確認するためのエネルギー消費量が最も少なく、プラットフォーム「カルダノ(Cardano)」はデータ伝送のネットワークノードのエネルギー消費量が最も少ないことがわかった。
CCRIは、アルゴリズム「プルーフ・オブ・ステーク」に基づいて機能するすべてのブロックチェーンプロトコルは、アルゴリズム「プルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work)」を用いているブロックチェーンプロトコルよりもはるかに地球にとって安全であることも明らかにした。「プルーフ・オブ・ワーク」は、暗号資産ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンの基盤になっているという。ブルームバーグによると、調査では、「プルーフ・オブ・ステーク」のブロックチェーンは、「プルーフ・オブ・ワーク」のビットコインのブロックチェーンの電力の0.001%未満しか消費しないため、事実上、世界最大の時価総額を誇るビットコインは地球をかなり汚染していることが示された。またブルームバーグは、億万長者で米宇宙開発企業スペースXを率いるイーロン・マスク氏も、ビットコインの電力消費量があまりにも高いことに懸念を示したと報じている。
先にスプートニクは、暗号資産市場の不安定性について報じた。今年1月、ビットコインは暴落し、2018年以来の下げ幅となった。
関連ニュース
中国 NFT用の独自の市場創設へ
IMF、エルサルバドルにビットコインの法定通貨化をやめるよう求める
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала