野生の七面鳥、深雪をかき分け行進

積もり積もった雪をかき分けて歩くのは大変な労力がいるが、動物の世界ではそれが命取りとなることも。カナダ・トロントでこのほど、そんな雪の中を必死に移動する野生の七面鳥の一行が撮影された。
この映像は、トロントから車で北に3時間ほどの場所で撮影されたもの。時折雪に沈みながらも、先頭の1羽を中心に道を作りながら行進。道が1つに繋がり、3羽が合流するまでが映し出されている。
深く積もる雪は、野生の七面鳥にとって死活問題だ。ある調査によれば、こうした冬、野生の七面鳥の30%がオオカミやコヨーテなどに捕食されてしまうという。この3羽が春まで無事であることを祈るのみだ。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала