ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ在留邦人退避を 林外相、改めて呼び掛け

林芳正外相は訪問先の米ハワイで12日(日本時間13日)、ウクライナ情勢の緊迫化に伴い、在留邦人に速やかな出国を改めて呼び掛けた。「最も安全な手段で、直ちに退避してほしい。引き続き邦人の安全確保に万全を期す」と記者団に述べた。
ウクライナを巡る現状に関しては「関係国による外交努力の動きがある一方で、事態が急速に悪化する可能性が高まっている」と指摘した。バイデン米大統領とロシアのプーチン大統領による電話会談については「コメントは差し控えたい」と語った。
日本外務省は11日、ウクライナ全土の危険情報を最高度の「レベル4」(退避勧告)に引き上げた。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала