Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

新型コロナ感染から1年後、精神疾患発症リスクが急激に上昇

© Sputnik / Stringer / フォトバンクに移行新型コロナウイルス
新型コロナウイルス - Sputnik 日本, 1920, 19.02.2022
新型コロナウイルスに感染した人は、うつ病の発症リスク、不安障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、睡眠障害を発症するリスクが、それぞれ40%、35%、30%、41%高まることがわかった。その研究結果が、医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された。
医師らはこのような統計について、第一にパンデミック時の精神科医療の利用可能性の低下に関連していると考えている。
また医師らは、新型コロナに感染した人たちのメンタルヘルスは、リモートワークへの移行、自己隔離、感染防止のための制限、近親者の死などによるストレスの影響も受けているとの見方を示している。
関連ニュース
新型コロナウイルスに対する免疫応答に年齢差
コロナウイスの根絶は不可能=米ファウチ博士
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала