日本 1日から新型コロナ水際対策緩和 観光目的を除く外国人が入国

ANA and A380 - Sputnik 日本, 1920, 01.03.2022
日本では1日、新型コロナウイルスの水際対策として行われていた入国制限が緩和された。NHKが伝えている。
日本政府は新型コロナウイルスのオミクロン株の流行を受け、2021年11月から外国人の新規入国を原則停止し、1日あたりの入国者数の上限を3500人としていた。しかし政府は1日から水際対策を緩和し、観光目的を除く外国人の入国を再開。入国者数の上限は5000人まで引き上げられた。
対策緩和により日本に入国する外国人は、ビジネス目的の3ヶ月以下の短期滞在者、留学生や技能実習生などの長期滞在者とみられている。観光目的の新規入国は、引き続き認められていない。
日本経済新聞によると、1日、成田空港にはベトナムや中国、シンガポールなどからのビジネス目的とみられる外国人が入国したという。
関連記事
日本 入国上限1日5000人可能=木原官房副長官
日本政府 「まん延防止等重点措置」17道府県延長、5県解除を決定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала