千葉県市原市 魚の大群 産卵か地震の影響か

魚 - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
千葉県市原市内の水路に、水面を埋め尽くすほどの大量の魚が出現し話題となっている。付近の住民によると、魚はボラで「なぜこんなに泳いでいるのか、地震の影響かも」と困惑を隠せない様子。千葉日報が報じている。
千葉日報によると、水路は市原市東五所と西五所の境界線に沿って流れ、幅は約3メートル。2キロほど離れた東京湾に通じている。
20日の時点で魚の大群が延長100メートル以上にわたり密集し、椀の方向から内陸部に向かって泳いでいたという。
近所に住む女性(66)は「1週間ほど前に大群が泳いでいるのに気づいた。15年住んでいるが、こんなにたくさん遡上しているのは初めて見た。(16日の)地震の影響か、予兆かもしれない」と話した。
一方、コメント欄には「ボラは群れで生息する」「この時期は産卵でより一層大きな群れになり、水質の良い少しでも水温の高い水域を求める」などの声もあった。
関連ニュース
福岡でさくら開花 日本全国で最も早い
コククジラ 遊覧船を背中に載せてゆ~らり、ゆらり
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала