千葉県で飲酒運転で児童5人を死亡させた元トラック運転手に懲役15年

2021年6月28日、千葉県八街市でトラックを飲酒運転し、児童5人を死亡させ、危険運転致死傷罪に問われていた元トラック運転手の梅澤洋被告(61)に、千葉地方裁判所は懲役14年の判決を下した。NHKが報じた。
NHKによれば、検察の求刑は法定刑の上限となる16年だった。梅澤被告は、初公判から罪状を認めており、2020年から飲酒して業務を行うようになり、社内で注意を受けていたことが公判で明らかにされていた。
関連ニュース
名古屋市の交差点 小学生の女児2人が乗用車にはねられ1人死亡
愛知県 同級生刺殺の男子中学生、少年院送致へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала