IMFが表明 西側の制裁が世界の金融システムでドルの影響力を弱める

© Sputnik / Mikhail Kutusov / フォトバンクに移行ドル
ドル - Sputnik 日本, 1920, 31.03.2022
西側諸国がロシアに対して課した制裁は、世界の金融システムの分断につながり、同システムにおけるドルの影響力を弱める可能性がある。フィナンシャル・タイムズ紙のインタビューで、国際通貨基金(IMF)の筆頭副専務理事であるギータ・ゴピナト氏が語った。
同氏によると、ロシアの軍事作戦の開始後に西側諸国によって導入された厳しい制裁措置が、個々の国家グループ間の貿易をベースとした小規模の通貨ブロックの出現を促進する可能性があるという。
ゴピナト氏は、「いくつかの国が取引で使用されている通貨の見直しを行っていることを、私たちはすでに認識している」と強調した。
日本 対露制裁で代替に問題の生じる品目一覧を発表 - Sputnik 日本, 1920, 31.03.2022
日本 対露制裁で代替に問題の生じる品目一覧を発表
また、同氏は、「このような状況下でもドルは世界の主要通貨であり続けるだろうが、より小さなレベルでの分断は確かに起こりうる」と述べた
関連ニュース
日本、ロシアの制裁逃れ防ぐための法改正準備
米国がデジタルドルを導入へ 仮想通貨と競合
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала