岸田首相 日本のコロナ感染状況 まん延防止の適用は必要なし

岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 13.04.2022
岸田首相は13日の参議院本会議で新型コロナの感染状況について演説したなかで、新規感染者数は増加傾向にあるものの、直ちにまん延防止等重点措置の適用が必要な状況ではないという認識を表した。NHKが報じた。
NHKによれば、岸田首相は感染状況について、病床使用率は低い水準にあること、重症化リスクの高い高齢者の85%がブースター接種を完了していること、さらにまん延防止等重点措置の要請を行う都道府県がないことを挙げ、直ちに重点措置が必要な状況ではないという考えを示した。
関連ニュース
上海市民、自宅窓からロックダウンに抗議
ナルシズムとサイコパシー コロナワクチン接種拒否と関連性
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала