中央アフリカ共和国、アフリカ諸国でのビットコインの合法化を推進

ビットコイン - Sputnik 日本, 1920, 28.04.2022
中央アフリカ共和国は、ビットコインを法定通貨として承認し、暗号通貨取引所は非課税で運営する権利を得た。同国大統領府が声明を発表した。
同国国務大臣および大統領府長官のアベダ・ナムシオ氏は声明で、「ビットコインが法定通貨として公式に承認されたことは、我が国の新しい可能性を発見する決定的な一歩となる。」と述べた。
中央アフリカの通貨のフランは、6カ国ですぐさま自国通貨として機能するが、しかし、中央アフリカ共和国の中央銀行によって管理されている。
中央アフリカ共和国によるビットコインの承認は、通貨同盟の他のアフリカ加盟国であるカメルーンやガボン、コンゴ、チャド、赤道ギニアにとっても必然的なプロセスとなっている。
仮想通貨 - Sputnik 日本, 1920, 26.01.2022
IMF、エルサルバドルにビットコインの法定通貨化をやめるよう求める
エルサルバドルは、支払い手段としてビットコインを承認した世界初の国となった。暗号通貨は国内で法定通貨となったが、これに関する法律は2021年9月7日の深夜に効力が発効している。
中央アフリカ共和国は、ビットコインを通貨として承認した世界で2番目の国となり、また、アフリカおよび旧世界(欧州やアジア、アフリカを統合する概念)で支払い手段としてビットコインを合法化した初の国となった。
関連記事
仮想通貨投資家 ビットコインを9年前の価値の110倍で引き出す
メキシコの億万長者 値下がりの間はビットコインを貯え、売却を考えないようアドバイス
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала