日本 子ども1人当たり5万円の給付 6月から開始

円 - Sputnik 日本, 1920, 28.04.2022
日本の厚生労働省は28日、物価高騰への総合緊急対策として、低所得の子育て世帯に対する子ども1人当たり5万円の給付を6月から開始すると発表した。共同通信が報じた。
日本の岸田首相は26日、首相官邸で記者会見し、緊急経済対策を発表した。
対策は「原油高騰への対応」、「エネルギー、原材料、食料等の安定供給対策」、「中小企業支援」、「物価高騰等に直面する生活困窮者等への支援」の4つの柱で構成される。岸田氏は生活困窮者等への支援として「低所得の子育て世帯に対し、子ども1人当たり5万円の給付金をプッシュ型で支給し、生活を守るセーフティネットを強化する」と述べた。
日本の岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
日本 緊急経済対策は2段階のアプローチで実施
共同通信によると、子ども1人当たり5万円の給付は、児童扶養手当を受給しているひとり親の低所得世帯と、住民税が非課税で両親がそろう世帯が対象となる。「直近で収入が減少して新たに対象となる子育て世帯や、子どもが高校生のみの世帯も受けとることができる」という。
申請は不要で、給付は6月から順次始まるが、実施主体となるのは自治体で、準備状況により開始時期に差が出る見通しとされる。
関連ニュース
日本政府、物価対策に6.2兆円投入
日本 岸田首相、燃料価格上昇を踏まえ緊急対策の策定を指示
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала