カナダ、月面での犯罪を想定し刑法を改正

© AFP 2022 / Frederic J. Brown
月 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
カナダ政府は、月​​面犯罪に対する責任を規定した刑法改正案を議会に提出し、承認を求めた。テレビ局CBCが報じた。
同国刑法は、国際宇宙ステーションへの宇宙飛行中に、カナダの宇宙飛行士が犯罪を犯した場合を想定している。こうした場合に行われるあらゆる不正行為はカナダ国内で行われたものと見なされる。
同法案は、月面飛行に向けた米航空宇宙局(NASA)の合同プロジェクト「Lunar Gateway」にカナダが参加することから提出が行われた。
月面の土壌の成分の中に、人類にとって危険な元素見つかる - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
月面の土壌の成分の中に、人類にとって危険な元素見つかる
カナダの刑法改正案は、宇宙ステーション「月軌道プラットフォームゲートウェイ」への輸送中または月面そのもので行われた犯罪を前提としている。
米国は2020年代に月周回軌道に同宇宙ステーションを建設することを計画しており、国際宇宙ステーションのパートナー国にプロジェクト参加を呼び掛けている。大型打上げロケット「ファルコンヘビー」が、2023年に同ステーションの初のモジュールである動力機関モジュール「PPE」と居住・貨物モジュール「HALO」の2つを月に打ち上げることが予定されている。
関連記事
NASA、8つの惑星科学ミッションを延長 火星探査など
ロシアは月面プログラムを再開する=プーチン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала