日本 ミドリガメの飼育を容認 放流・販売は禁止 改正外来生物法が成立

カメ - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
日本では11日、外来種への対策を強化する「改正外来生物法」が参議院本会議で可決・成立した。今後、「ミドリガメ」と呼ばれる「ミシシッピアカミミガメ(以下、アカミミガメと表記)」や「アメリカザリガニ」の捕獲やペットとしての飼育は認められるが、販売や輸入、自然に放つことが禁止される。NHKが報じている。
この改正法は、生態系への影響が懸念される外来種の対応策を強化したもので、繁殖力の強いアカミミガメとアメリカザリガニが新たに規制の対象となった
推計によると、日本ではアカミミガメが約160万匹、アメリカザリガニが約540万匹飼育されている。また、環境省によると、特にアカミミガメは在来のカメ類と餌や日光浴の場所を取り合っている他、水生動物、魚類、両生類などに影響を及ぼしているとみられている。
日本政府は、この改正法を1年以内に施行することを目指している。
この改正法で、近年港湾施設で確認された強い毒を持つ南米産のヒアリが緊急の対処を必要とする外来生物に新たに分類され、通関後も輸入品の検査や消毒、廃棄ができるようになる。
スプートニクは以前、成田空港の滑走路にカメが侵入した影響で、滑走路が一時閉鎖された出来事を報じた。
関連ニュース
頭に袋がスッポリ 路頭に迷うシカを救助 米国
日本 作業員がヒアリに刺される 初の報告例
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала