日英が共同で自衛隊の次期戦闘機を共同開発へ

F-15J戦闘機 - Sputnik 日本, 1920, 17.05.2022
16日、日本の三菱重工業、IHI(旧商号:石川島播磨重工業)と英国のBAEシステムズ、ロールス・ロイスが航空自衛隊の次期戦闘機の共同開発を行うことが、時事通信の複数の消息筋からの情報で明らかになった。
時事通信によれば、日本の次期戦闘機の共同開発については、5月5日の岸田首相とジョンソン英首相との会談で年末までに全体像の合意を取り付けることで意見が一致していた。開発主体は三菱重工業で設計を担い、機体をBAEシステムズと共同開発する。IHIとロールス・ロイスはエンジンを共同開発する。さらに米ロッキード・マーティン社にも参画を依頼する方針が示された。
APECロゴ 2022 - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2022
日本他6か国、中国とロシアを除いたデータ流通網構築へ
現在、英国は2035年の就役を目指して、「ユーロファイター・タイフーン」の後継機開発を行っている。
関連ニュース
航空自衛隊の次期戦闘機、日英共同開発へ=産経新聞
空の戦いで優位性を失う日本
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала