フランスでネクロポリスと財宝が眠る鉄器時代の集落が発見

© 写真 : Olivier Morin / Inrapネクロポリスで発見された鉄器
ネクロポリスで発見された鉄器 - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2022
フランスの考古学者が、ノルマンディーのコミューン「ブランヴィル=シュル=オルヌ」で、鉄器時代(紀元前6世紀〜紀元前1世紀)の農業集落の遺跡と財宝が眠るネクロポリス(巨大な墓地)を発見した。フランス国立事前考古学研究所(INRAP)のサイトで発表された。
発掘調査中に、考古学者は250の金属製品の破片を発見することに成功した。それらの一部は農業用であり、いくつかは生活必需品(ナイフや炊事用器具)だった。このほかにもブレスレットやバックルなどの装飾品も発見された。
また、金や銀、銅の延べ棒29本という財宝も発見された。考古学的発見の多くは、集落に隣接する墓地の発掘調査で見つかっている。
ニワトリ - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
IT・科学
考古学者 アルプス山脈北部で最古の鶏卵を発見
現時点でネクロポリスの調査は完了していないが、ブランヴィル=シュル=オルヌでの発掘作業は、数世紀にわたる集落の発展をたどる貴重な機会を提供したと考えられている。
関連ニュース
グアテマラの湖底に古代マヤ文明の都市が発見
チリで世界最古のミイラが滅亡の危機 地球温暖化の影響
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала