世界経済は今、第二次世界大戦後最大の試練を迎えている=IMF

© novosti.err.ee国際通貨基金(IMF)
国際通貨基金(IMF) - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
国際通貨基金(IMF)は、現在世界経済は大きく圧迫されているとの認識をもっている。スイス・ダボスで22日に開幕した世界経済フォーラム、通称ダボス会議でゲオルギエワIMF専務理事が明らかにした。フィナンシャル・タイムズ紙が伝えている。
同紙によると、昨今、多くの経済学者が「中国での新型コロナによる生産規模縮小、欧州の物価上昇、米国の不況などにより、世界は大不況に陥りつつある」と警戒感を強めている。
それを踏まえゲオルギエワ氏は全ての国々に対し、貿易障壁を緩和し、債務問題を抱える国を支援し、国際決済システムを近代化するよう呼びかけた。
スイス・ダボス会議出席のゼレンスキー宇大統領 - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
ダボス会議でゼレンスキー大統領「ウクライナ復興」参加を呼びかける
世界経済フォーラムは2022年5月22日から26日までスイスのリゾート地ダボスで、2020年以来となる対面形式で行われている。ロシア代表は参加していない。
関連ニュース
ドルの黄昏? 国際金融システムが徐々に再構築を開始 露上院議員
英国 欧州でいち早く貧困の道へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала