山梨・道志村で発見の腕と脚の骨 小倉美咲さんのものと断定

© Wikipedia / Kaidog山梨県警本部が入居する庁舎
山梨県警本部が入居する庁舎 - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
25日、山梨県警が発表したところによれば、DNA鑑定の結果、道志村で発見された右腕と左脚の骨が3年前に行方不明となっていた小倉美咲さんのものと確認された。
右腕と左脚の骨は、今月11日に発見されていた。
今月4日にも現場周辺で肩甲骨の一部が見つかっており、DNA鑑定で美咲さんのものと判明していた。このほかにも、頭の骨の一部が見つかっており、ミトコンドリアDNA鑑定で母親との血縁関係が確認されている。
当時小学1年生だった小倉美咲さんは、3年前に道志村のキャンプ場で行方不明になり、地元警察などによる捜索活動が続けられていた。
関連ニュース
山梨県の山中で人骨とみられるもの発見 3年前から行方不明の女児の可能性
山梨県道志村 新たに子ども用運動靴の片方と靴下を発見
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала