トルコ大統領 NATOに関するフィンランド、スウェーデンとの会談に不満

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行トルコのエルドアン大統領
トルコのエルドアン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 29.05.2022
トルコのエルドアン大統領は、スウェーデンおよびフィンランドの代表団とのNATO加盟に関する会談の結果に不満を抱いている。トルコ国営放送「TRT」が報じている。
エルドアン大統領は、フィンランドとスウェーデンは「不誠実で偽善的」であり、「テロリストを保護している」と非難した。
さらに大統領は、「エルドアンがトルコの大統領である限り、テロを支援する国々のNATO加盟に『イエス』とは絶対に言えない」と述べた。
これよりも前、トルコがフィンランドとスウェーデンのNATO加盟申請手続きの開始を妨害したことが報じられた。エルドアン大統領は、トルコ政府はフィンランドとスウェーデンのNATO加盟に「イエス」と言うことはできないと述べた。トルコの非合法組織であるクルド労働者党の代表とのつながりに関する両国の保証を信じることができないためだ。大統領によると、もしトルコが賛同すれば、「安全保障のための組織ではなく、テロリストの代表がたくさんいる場所になる」という。
関連ニュース
トルコ、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟を支持するための5つの条件を挙げる
NATOを待っているのは世界征服かそれとも破滅か?同盟国間で合意に達せず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала