Metaの女性ユーザー、事実上の性的被害に

© Flickr / Sergey Galyonkinバーチャル・リアリティ
バーチャル・リアリティ - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
非営利人権団体「SumOfUs」の女性メンバーでMetaユーザーが、ゲーム『Horizo​​nWorlds』でのアバターによるバーチャルな性的暴行について語った。サイト「ビジネスインサイダー」によると、この女性はVRヘッドセットを通して仮想世界にいた。
彼女によれば、ゲーム開始から約1時間後、ユーザーグループが彼女を『Horizo​​n Worlds』のプライベートパーティーに招待し、彼女の1.5メートル以内に近づけないという設定をオフにするように頼まれたという。
女性は、2人の男性アバターから彼女に関する不愉快なコメントを聞かされ、その後、パーティーで個室に連れていかれ、性的暴行を受けたと主張している。彼女によると、男性アバターらに触られると、コントローラーが振動するという。
通信社スプートニクは以前、マーク・ザッカーバーグ氏率いるMeta(旧フェイスブック)が、仮想空間での嫌がらせ防止を目的に、メタバース「Horizon Worlds」でユーザーの「パーソナル・バウンダリー(個人的境界」を保護するシステムを導入したと報じている。
バーチャルリアリティヘッドセット「OculusQuest2」 - Sputnik 日本, 1920, 04.05.2022
IT・科学
米エンジニアがキスをシミュレートするVRヘッドセットを開発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала