日本の防衛省、台湾に現役職員派遣へ 情報収集強化=産経

防衛省 - Sputnik 日本, 1920, 04.06.2022
日本政府が在台湾の日本大使館にあたる台湾交流協会の台北事務所に、現役の防衛省職員を今夏にも派遣することが明らかになった。4日、産経新聞が伝えている。中国の軍事プレゼンスの増大で台湾海峡の緊張が高まるなか、日本としては情報収集で台湾と連携を強化したい考えだ。
産経新聞によると、今回派遣されるのは自衛隊員ではなく、防衛省の文民職員1人。従来は中国の反発を懸念し、退職した自衛官を1人「安全保障担当主任」として派遣してきたが、対中戦略において台湾当局との連携強化を図るため現役職員に格上げするという。
台湾総統、ロケットランチャーを肩に担いで写真撮影 - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
台湾総統、ロケットランチャーを肩に担いで写真撮影
1972年の日中国交正常化以降、日本と台湾は正式な外交関係がないため、駐在職員は台湾交流協会に出向して民間人の形をとる。同協会の台北事務所には外務省や経済産業省、警察庁、海上保安庁などからも現役職員が派遣されているという。
5月30日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に中国軍機30機が進入するなど、習近平指導部は台湾に対する圧力を強めている。
関連ニュース
米国務省の公式サイト 「米国は台湾独立を不支持」文言を元に戻す
米中国防トップ、6月に会談か 台湾情勢めぐり=WSJ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала