実は屋根裏にいた30年間行方不明のカメ 性別が明らかに ブラジル

© 写真 : TV Globo実は屋根裏にいた30年間行方不明のカメ 性別が明らかに
実は屋根裏にいた30年間行方不明のカメ 性別が明らかに - Sputnik 日本, 1920, 05.06.2022
ブラジルでは2013年にデ・アルメディア一家で飼っていたペットのカメ「マヌエラ」が30年ぶりに見つかったが、それから10年後の今、そのカメの性別が明らかになった。英紙「デイリー・スター」が伝えている。
このカメは、一家の祖母が飼っていたもので、当時8歳だった1982年に行方不明になったという。そして30年後の2013年、祖母の夫が亡くなり、一家はかつて住んでいた家に戻ることにした。一家がその家の屋根裏を整理していると、古い箱の中からカメが見つかった
© 写真 : TV Globoデ・アルメディア一家
Семья из Бразилии, потерявшая свою черепаху Мануэлу более 30 лет назад, обнаружила любимого питомца на чердаке в своем доме - Sputnik 日本, 1920, 05.06.2022
デ・アルメディア一家
驚いたことにカメは生きていた。カメのマヌエラはこの30年間、家の中にいたシロアリの幼虫を食べていたとみられている。そして発見から10年後の今、このカメはオスであることが判明したため、マヌエルと改名された。
カメは長い間、食べ物や水がなくても生きていけるといわれている。種類によって異なるが、カメの寿命は最大で255年。
関連記事
別の家族と暮らしていた猫 5年ぶりに元飼い主と再会 カナダ
ガラパゴス諸島で新種のゾウガメが見つかる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала