日本 学校用水着が「ジェンダーレス」に 今夏発売予定

© 写真「ジェンダーレス水着」
「ジェンダーレス水着」 - Sputnik 日本, 1920, 09.06.2022
日本では今夏、男女のデザインを同一にした「ジェンダーレス水着」が発売されることが分かった。「よろず〜ニュース」が伝えている。
この水着を発表したのは、学校用水着大手の「フットマーク」。水着の正式名称は「男女共用セパレーツ水着」で、上は長袖の上着、下はハーフパンツとなっており、体形が目立たないように作られている。価格はサイズによって異なるが、6380円から6820円になるという。
この水着によって性別を意識せずに水泳の授業に参加できる他、「体形や肌をあらわにしたくない」という生徒の声も反映されているという。
この記事のコメント欄には、「体型カバーや着やすさからも、もっと早くに導入してほしかった」、「ジェンダーレスの観点からではなく、多方面でメリットのある試み」、「とてもいいと思う。学生時代、肌を出すのが嫌だったから水泳の授業をさぼっていた。こういう配慮はうれしい」など、この水着の発売に好評な意見が多い。
同社によると、今年度は中学校3校がこの水着を導入予定で、20校が来年の採用を検討しているという。
関連ニュース
後で後悔の性転換ティーンエイジャーが増加 仏医師らが憂慮
検閲か常識か?日本のありふれた広告が国連を憤慨させた理由
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала