新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

ホッキョクグマとヒグマ 共通の祖先から分かれた後も数千年にわたって交配

© Sputnik / Alexandr Kryazhev / フォトバンクに移行ホッキョクグマ
ホッキョクグマ - Sputnik 日本, 1920, 10.06.2022
ホッキョクグマとヒグマは150万年前に共通の祖先から分離した後も、数千年にわたって交配を続け、その過程で気候変化の中で生き残るために必要な重要な遺伝子を受け継いできたことが研究で明らかになった。この研究をまとめた論文が、「米国科学アカデミー紀要」に掲載されている。
研究者らによると、今回の発見は、「気候変動の影響を理解する上で重要な意味を持つ可能性がある」と指摘している。ホッキョクグマは遺伝的に北極圏の環境に適応しやすいが、長い年月の間に、予期せぬ気候の変動によって、その生息数に悪影響が及んだ可能性があるという。
また、遺伝学者らが、15万年以上前に生息していたホッキョクグマのあごから抽出したDNAデータを解析した結果、南方から来たクマがホッキョクグマと交配してホッキョクグマの遺伝子プールが変化した証拠を発見している。
一番危険な動物は? 2匹の豚が熊を追い払う - Sputnik 日本, 1920, 28.03.2022
一番危険な動物は? 2匹の豚が熊を追い払う
クマの遺伝学の専門家であるシャーロット・リンドクヴィスト氏は、100万年以上前に共通の祖先から一度分かれた2つの種が再び交配を始めた時期については、研究者もまだ正確に把握していないと認めている。同氏は、「この2つの種は現在でも交配が可能で、多産であることがわかっているので、種が分かれた後でも接触するたびに交尾をしていた可能性がある」と指摘している。
スプートニクは以前、インドの国立公園でトラと遭遇したクマが激しく威嚇行動している様子について報じている。
関連ニュース
女性がバイソンに襲われる 米イエローストーン国立公園
世界一危険なクマが夫婦を襲い、食べる事件発生 インド
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала