ハッブル望遠鏡 何千個もの様々な形の銀河を映像を観測

© 写真 : NASA/STScI/Harry Teplitz (Caltech/IPAC)ハッブル望遠鏡 何千個もの様々な形の銀河を映像を観測
ハッブル望遠鏡 何千個もの様々な形の銀河を映像を観測 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
カリフォルニア工科大学の CANDELS (Cosmic Assembly Near-infrared Deep Extragalactic Legacy Survey宇宙サーベイ近赤外線深銀河系レガシー調査) プロジェクトでは、NASA のハッブル宇宙望遠鏡を用いて、紫外線領域の星空が調査され、望遠鏡は紫外線で何千もの銀河の映像を新たにとらえることに成功した。Phys.orgが報じた。
ハッブル 望遠鏡は赤外線及び従来使用されてきたスペクトルを用いた技術で、遠くの銀河を見ることに成功した。
映像には、楕円形、長円形、円盤状、渦巻き状など、さまざまな形状の銀河が映し出された。今回の紫外線観測は、これまでで最大規模。これによりCANDELSで確認された銀河は、全部で14万個に到達した。
関連ニュース
40億光年前の巨大彗星が地球に接近中 カリフォルニア大学が確認
宇宙船「スターシップ」はハッブル宇宙望遠鏡を救うことができる=マスク氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала