中国3隻目の空母が進水

© 写真 : CCTV中国3隻目の空母の艦名は「中国人民解放軍海軍『福建艦』」
中国3隻目の空母の艦名は「中国人民解放軍海軍『福建艦』」 - Sputnik 日本, 1920, 17.06.2022
中国・上海にある江南造船所で17日午前、中国3隻目の空母が進水した。聯合早報(Lianhe Zaobao)が報じた。
進水式では、中国国家が流れた。
中国3隻目の空母の艦名は「中国人民解放軍海軍『福建艦』」、艦番号は「18」。「福建艦」は、中国が完全に独自に設計、建造した初のカタパルト採用の空母。
「福建」は今後、計画に基づき係留試験と航行試験を実施する。
中国人民解放軍海軍初の空母「遼寧」は、旧ソ連製の未完成空母「ヴァリャーグ」の艦体をウクライナから購入し、中国で建造された。2隻目の空母「山東」は、「遼寧」をベースに建造された。
関連ニュース
台湾、独自開発した最新の装甲車を公開
中国、軍の非軍事的性格の行動に関する規定導入
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала