尼崎市 紛失のUSBメモリー見つかる マンションで発見

© Fotolia / YauhenkaUSBメモリー
USBメモリー  - Sputnik 日本, 1920, 24.06.2022
日本の兵庫県尼崎市は24日、前日に紛失を発表したUSBメモリーについて、発見されたと発表した。
尼崎市は23日、全市民46万517人分の個人情報が入ったUSBメモリーを委託業者が紛失したと発表していた。
24日、尼崎市は、委託業者から連絡があり、発見されたことが判明したと発表した。
USBメモリー内の個人情報については、関係機関と協力しながら、調査を進めているという。
USBメモリーを紛失したのは、尼崎市が業務を委託していたBIPROGY関西支社(大阪市)の関係社員。日本のマスコミによると、この社員はデータ移管作業後にUSBメモリーを持ったまま飲酒し、帰宅途中に路上で寝込んで、USBメモリーの入ったかばんを紛失した。
NHKが警察を引用して報じたところによると、USBメモリーを紛失した委託業者の関係社員が警察官とともに24日朝から探したところ、同日昼頃に大阪府吹田市内のマンションの敷地内でUSBの入ったかばんを見つけた。担当者はこのマンションに立ち寄った記憶があり、かばんの中身については、USBメモリーを含めなくなったものはないと話しているという。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала