日本 「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令 関東地方で厳しい暑さ

© AP Photo / Eugene Hoshikoサマータイム
サマータイム - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
日本政府は27日、東京電力の管内では、猛暑による冷房使用で電力不足の懸念があるとして、「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令した。NHKが伝えている。
関東地方では連日高温が続いており、27日の東京都の最高気温は35度。政府は、猛暑による冷房の使用などで電力需要が高まり、東京電力管内の電力供給の余力が5%を下回るとして東京電力の管内で初めて「電力需給ひっ迫注意報」を発令した。
東京都は事業者向けに「稼働するエレベーターやプリンターの数を減らすこと」や、「仕事場のエリアを狭める」などの努力を呼びかけた。また都民には「冷房の室温を28度に設定する」ことに取り組んでほしいと呼びかけた。東京都の小池知事は、「熱中症にご注意していただきたい。一方で、冷房の適切な利用をお願いしたい」と節電を呼びかけた。
東京、熱中症の疑いで62人が救急搬送 - Sputnik 日本, 1920, 25.06.2022
東京、熱中症の疑いで62人が救急搬送
日本政府の磯崎官房副長官は記者会見で、電力供給の余力が低くなる夕方に適切に冷房を活用し、使っていない照明を消すなど無理のない範囲で節電をお願いしたいと述べた。
日本気象協会によると、気象庁は27日、関東甲信地方、東海地方、九州南部が梅雨明けしたとみられると発表した。梅雨明けが確定すれば、関東甲信では過去最も早い梅雨明けになる。同協会は、梅雨明けしたとみられる地方では今後1週間は高気圧に覆われ、晴れる見込みだと発表。厳しい暑さになることが予想されるため、熱中症に注意するように呼びかけている。
関連ニュース
岸田首相、節電でポイントを付与する新制度導入の方針 物価対策本部の初会合
自民党はエネルギー問題の打開策を模索か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала