韓国 徴用工問題めぐる官民協議体発足 被害者側は日本企業と直接交渉を希望

韓国と日本 - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
韓日関係の最大の懸案となっている日本による植民地時代の強制動員被害者への賠償問題(徴用工問題)をめぐり、韓国外交部(外務省に相当)は4日、官民協議体の初会合を非公開で開いた。韓国の聯合ニュースが伝えた。
聯合ニュースの報道によると、協議体は趙賢東(チョ・ヒョンドン)第1次官が議長を務め、政府関係者、専門家、被害者側が参加した。
韓国の大法院(最高裁)は2018年秋、新日鉄住金(現・日本製鉄)と三菱重工業に対し、それぞれの被害者への賠償を命じた。しかし両社とも支払いを拒否し、被害者側は被告企業の韓国内資産を現金化するための手続きに入り、今秋にも強制執行の開始に向けた最終判断が下される見通し。
ドイツ・ベルリンに設置された慰安婦少女像 - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2022
韓国の保守団体 ベルリンに設置された慰安婦少女像の撤去を求めるデモを実施
日本は自国企業の資産現金化を両国関係の「レッドライン」と見なしてきた。韓国政府は、大法院の判決後に急速に悪化した両国関係の改善のため、現金化を回避する方策の提示が求められる。
一方で被害者側は日本企業との直接交渉を求めている。韓国政府に対し、この実現に向けた外交努力を求めた。
関連ニュース
韓国全経連と日本経団連が3年ぶり会合 「経済界が関係改善の先頭に」
元徴用工問題 韓国政府が被害者支援で基金創設案 韓国メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала