2021年の日本の議員所得 平均2255万円に減少 党首トップは岸田首相2837万円

© Junpei Abe日本国会
日本国会  - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
日本の衆参両院は4日、2021年の国会議員の所得を公開した。議員1人当たりの平均は2255万円で、前年の2416万円から減少。新型コロナウイルス感染拡大を受け、国会議員は2020年5月から歳費を2割削減しており、21年10月末までカットが続いた影響で平均所得が下がった。時事通信が伝えている。
所得公開は国会議員資産公開法に基づき毎年実施されている。所得公開の対象となったのは去年1年間を通じて議員を務めた衆院342人、参院236人の計578人。去年10月の衆院選で初当選した議員などは含まれていない。
NHKの集計によると、議員1人当たりの平均所得は、衆議院議員が2091万円、参議院議員は2492万円、全体で2255万円と前年を160万円ほど下回った。
最も所得が多かったのは自民党の元栄太一郎参議院議員の12億9261万円、次いで自民党の逢沢一郎衆議院銀の8506万円だった。
日本、夏 - Sputnik 日本, 1920, 30.06.2022
日本 公務員の夏のボーナスが過去最大の減額
党首では自民党総裁の岸田首相が2837万円でトップ。続いて多い順に公明党の山口代表1874万円、社民党の福島党首1821万円。
政党別の平均所得は自民党が2520万円でトップ。その他、立憲民主党は1909万円、公明党1856万円、日本維新の会は1977万円だった。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала